gf1420186410m

自分に合った転職の手順を踏もう

転職する理由は人それぞれですが、現在の職場を辞めてから求職活動をするのか辞めずに次の職場を決めてから退職する方法があります。どちらの手順にしてもメリットとデメリットがあるので、よく考えてから行動することをおすすめします。

 

仕事を辞めてから求職活動をする場合は、自由な時間が増えるので情報収集などに十分時間が取れることと、心身をリフレッシュして休息時間も取れて自分を見つめ直す時間も出来ます。もし目標があるのなら、新たなスキルを身につけるための資格を取得するために講座を受講したりすることも可能です。求職活動の面接でも、予定を合わせやすいのもメリットでしょう。ただ自己管理が甘い人の場合は、そのまま失業してしまったり働く意欲をなくしてしまったり、収入が途絶えてしまうのも不安要素です。

 

一方、働きながら次の職場を探す場合は収入が途絶えることもないですし、面接に落ちてしまった場合のストレスも少ないです。デメリットとしては、面接に行く日程の調整に苦労したり急ぎの求人などの場合は不利になってしまうことです。収入がなくなると困るとか新しいスキルを身につける時間が欲しいとか、自分の志望分野や環境条件を考えて慎重に考えてみましょう。