gf1420015216w

転職活動は期間を決めて行おう

現在仕事をしている人も、すでに無職の人も、転職の際には必ずどの程度活動期間を行うのか事前に明確にしておきましょう。そうする事でより明確に取り組む事が出来ますし、ゴールを決めておく事で現職の引き継ぎも含めて退職までの計画を立てる事が出来ます。

 
一般的に、現在勤務している企業を退職出来るまでの期間は1ヶ月と言われています。そのため多く見積もっても1ヶ月半から2ヶ月あれば現職を退職する様にしましょう。新たな企業へ移るまでの期間が3ヶ月や4ヶ月も経過してしまうと、相手先企業へあまり良い印象を与えない事を覚えておきましょう。出来るだけ早く入社してほしいと思うのが企業ですので、可能な限り早めに退職出来る様に準備しておきましょう。

 

 

そして面接を受ける期間も、書類選考から面接の選考が数回あると考えると3ヶ月程度が妥当な期間と言えるでしょう。そのため、全てを見積もっても半年程度の期間を目標にする事をお勧めします。現職中の方は有給の消化等を含めるとさらに期間は変わって来るかと思いますが、まずはこの半年という期間を前提に活動を勧めてみましょう。同様に何社選考を受け、どういった企業の面接を進んで行くのかも合わせて計画する事をお勧めします。