gf1940551719w

持っておくと有利になる資格って何?

転職にあたって重要なアピールポイントとなる条件に、資格があります。定められた技術や特殊な能力を有していることを保障しているのですから、採用する企業側にとっても重視する点といえます。しかしその種類は本当にさまざまです。中にはあまり就職には有利といえないものもあります。

 

それでは本当に転職活動で役立つのは、どういったものでしょうか?

第一に挙げられるのは、薬剤師や看護師などの医療系のものです。医療の重要性が高まっている現在、引く手あまたの職種といえます。しかしそういったものを取得するには、学校に通いなおす必要があります。

 

事務系のもので比較的有利とされているのが、日商簿記検定2級といえます。企業の要といえる経理部門での活躍が期待できるからです。他にも有利となるものには、社会保険労務士があります。こちらは企業の人事部などで、年々複雑となる雇用関係の事務において、その能力が活かされるからです。

 

さらには、不動産関係や賃貸物件の管理などをお任せできる宅地建物取引主任者も、転職には有利といえます。これらの中には受験条件があるものもありますが、今の職場で働きながら通信教育などを利用して取得できるものもあります。

 

できれば一つでも多く取得して、再就職における自分のアピールポイントを増やしておくことが重要といえます。