af9980011550w

志望動機は2つの視点で整理しよう

転職する場合、何と言ってもその会社へ就職したいという志望動機をきちんと整理しておくことが重要です。この場合、二つの視点で確認することをおすすめします。

 

一つ目の視点は、その企業が活動していることとマッチしているかということです。当たり前と言えばそれまでですが、存外この点がネックになることがあります。その企業の目指しているところ、重点にしているところ、そしてその時点の募集職種の内容を十分に確認して、自分の志望する動機と整合性があるかということです。ここがフィットしていないと、まず合格は難かしいでしょう。

 

二つ目の視点は、自分がビジネスパーソンとして目指している方向とマッチしているかということです。人は多かれ少なかれ、自分の生活設計を持っており、自己実現というも目指しているはずです。その自分の生きる道との整合性があるかということも確認しておく必要があります。
面接試験などで、必ず当社を志望した動機は何ですかと質問されます。この時、会社の意に沿う答えができれば、面接官は満足するだろうと思いがちですが、入社したい一心で取り繕った答えであれば、面接官は見抜きます。自分の信条と一致しているのかということにも強い関心があり、それが最終的な判定にかかわるからです。