af9980011542w

退職理由には明確さが必要です

転職面接の際には必ずと行っていい程、前職や過去の仕事に関しての退職理由を聞かれます。そのため必ず事前に明確な理由を考えておきましょう。面接官はまず面接の際に志望動機等の概要を質問して来る事が多く、その後過去の職歴に関する内容を聞かれる傾向にあります。その際に不明確な理由であったり、過去の企業に対してネガティブな理由のみだけ述べてしまうとあまり良い印象を与える事が出来ない可能性があります。

 
自身のステップアップや、どうしても新たな職場へ行く必要がある事を面接官に伝え、理解してもらう必要があります。目的としては面接官に納得してもらえる様な明確な理由をプレゼンテーションする事です。自社に入社しても辞めてしまう事が見えてしまうと、面接官はあまり良い印象を与える事が出来ません。この会社に入社した後も長く勤めてくれるという印象を与える必要がありますので、忍耐力や継続性が無いと判断されない様に気をつけましょう。

 

 

退職に関する回答で採用を大きく左右する可能性がありますので、面接の事前に必ずどういった事を伝えるべきなのかを考え、準備しておきましょう。急に質問をされると明確な答えが出来ない事もありますので、準備している事にデメリットは無いでしょう。