gf1420186410m

異業種への転職で新たなキャリアを

一つの業界でスキルを積むのはとても大切なことですが、これまでとは全く異なる仕事にチャレンジすることで、自分の隠れた能力が発揮できたり、新たなキャリアを構築することが可能となります。新たな可能性に挑戦してみたいという人は、ぜひ今までとは異なる業種への就職を検討するといいでしょう。

 

しかし、転職の場合には、前職での経験が重視されることが多いので、異業種への就職にはためらいを感じてしまう人がいるかもしれません。しかし、求人を出している企業の中には、未経験でも受け付けてくれる会社が意外に多いものです。また、経験者限定の求人であったにもかかわらず、未経験で応募して採用されたという人もいます。このような人の場合は、どんな業種にも通用する普遍的なスキルを身につけている人が多いです。

 

例えば、営業の仕事は対人関係が重視されますので、コミュニケーションスキルに秀でた人は、どのような業種においてもその能力を発揮することができます。このように、これまでの仕事で培ったスキルは、さまざまな分野で応用できるのです。ですから、面接の際には、これまでの自分の仕事の成果と、それが今後どのように役に立つか、ということを明確に説明しましょう。